産後うつママの子育て体験記 やっぱり子育ては楽しい!産後うつママの子育て体験記 やっぱり子育ては楽しい!

著者

ブクリパ
ブクリパさん
プロフィールを見る
みんなで作る電子書籍出版サービス「ブクリパ」から出版された書籍を出版しています。 ブクリパは小説、ビジネス書原稿、ネーム(漫画原稿)を投稿して、みんなで出版化を応援するサイトです。 ブクリ...
スライダーで購入したい価格を調整できますスライダーで購入したい値段を決められます
円で 購入する
Bitcoinバックの対象商品です15円分のBitcoinをキャッシュバック


みんなの購入額 TOP5みんなの購入額 TOP5

    • 購入額: 0円
    • Axxxxxxxxxxxxxxx
    • 0円
    • 購入額: 0円
    • D
    • 0円
    • 購入額: 0円
    • 6xxxxxxxxx
    • 0円
    • 購入額: 0円
    • 4xxxxxxx
    • 0円
    • 購入額: 0円
    • 1xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
    • 0円

概要・あらすじ概要・あらすじ

イライラ妊婦に、帝王切開、そして産後うつにもなった著者がつづる子育て体験記。

独身の方、子供がいない方、子供がいる方やお子さんが独り立ちをしてしまった方に、
「子供ってやっぱり愉快な存在だな」
と思ってもらえる一冊を目指しました。 by ささきまど

【はじめに】

「三歳の子って、どんな離乳食を食べるんですか?」

私のこの一言が、ママ友さんたちを凍りつかせました。
知っていましたか?離乳食って、一歳児の遅くとも後半で、卒業するって。初めての子を二ヶ月前に出産したばかりの私は、まったく子育て知識がありませんでした。

「え? 離乳食? (はっ)もう食べてないわよッ」

と強い口調で言われた私は、(えー? なんでー? 嫌われたー!?)と思い、ママ友たちの交流の場に足を踏み入れることはなくなりました。
そして現在、一歳児を抱えてつくづく思っています。

あのときの私、喧嘩を売っていると思われてもしょうがなかったよなぁ、と。だって、人の子に対して「三歳児なのに離乳食をあげる程度の発達具合ですね」って言っているようなものですもんね。
無知って、恐ろしい。

近年、少子化がどんどん進んでいっています。出産して初めて赤ちゃんを抱っこした、なんて人も、珍しくはないようです。私もその中の一人です。

生まれたてのわが子を、どう抱いていいかなんて、さっぱりとわからなかったです。みんな赤ちゃんだったのに、みんな赤ちゃんだったことを忘れて生きてるんですよね。
子供を育てていると、幼い頃の自分や親を振り返り、重ね合わせて、また新しい感情を育てていけるような気がしています。子供を産み育てることがすべてだとは思わないけれど、私は産んでよかった。そう思っています。 (略)



[目次]
はじめに
一章 イライラ妊婦現る!
二章 子供がうまれたよ」
三章 産後うつになったよ
四章 子供が寝返りを打たないよ
五章 子供が立ったよ
六章 子供が歩いたよ
七章 子供がなんか言ってるよ
八章 子供が保育園に行くことになったよ
九章 みんな一歳児だった
カテゴリカテゴリ 漫画・コミック ファイルファイル EPUB形式
閲覧数閲覧数 1,379 販売数販売数 9
平均評価平均評価 0 読了目安読了目安 約23分
タグタグ 子育て 産後 体験記
お気に入りお気に入り
ブログやWebサイトで産後うつママの子育て体験記 やっぱり子育ては楽しい!を共有する紹介する ブログやWebサイトに埋め込む

コメントコメント

コメントはまだありません