野球好きの神様がくれたもの野球好きの神様がくれたもの

スライダーで購入したい価格を調整できますスライダーで購入したい値段を決められます
円で 購入する


みんなの購入額 TOP5みんなの購入額 TOP5

    • 購入額: 0円
    • 2xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx
    • 0円
    • 購入額: 0円
    • 8xxxxxxxxxxxxxxx
    • 0円
    • 購入額: 0円
    • 2xxxxxxxxxxxxx
    • 0円
    • 購入額: 0円
    • 8xxxxxxxxxxxxx
    • 0円
    • 購入額: 0円
    • Bxxxxxxxxxxxx
    • 0円

概要・あらすじ概要・あらすじ

高校生だった稲葉と島原は、同じチームで甲子園を夢見るバッテリーであった。高校2年の夏、校舎の近くの河川敷グランドでピッチング練習中に、二人の間に落雷があった。二人は同時に気を失い、そして同じ夢を見た。神が二人の前に出現し、稲葉には絶対に打たれない投球10球を、島原にはバットの届く範囲ならどんな球でもスタンドに放り込むスイング10本をそれぞれ与えたのだ。ふたりはその10球と10振を糧にプロ野球の世界へ。しかしそのふたりが、日本シリーズの最終戦で対戦することに。その結果は、そしてそこで彼らが得た神様からの本当の贈り物とは…。
カテゴリカテゴリ 小説 ファイルファイル PDF形式
閲覧数閲覧数 2,482 販売数販売数 7
平均評価平均評価 0 読了目安読了目安 約0分
タグタグ
お気に入りお気に入り
ブログやWebサイトで野球好きの神様がくれたものを共有する紹介する ブログやWebサイトに埋め込む

コメントコメント

コメントはまだありません