文学 > エッセイの検索結果 - 電子書籍カテゴリ検索文学 > エッセイの検索結果 - 電子書籍カテゴリ検索

カテゴリ 文学 > エッセイ の電子書籍が6件見つかりました

【あらすじ】 「入院1年、絶食9カ月。」 46才の小説家を襲った病魔の数々。症例なしと診断され、胃の全切除を宣告されるが──。 笑いとリアリズムで綴る実録エッセイ。ゆるコワ入院日記! ☆本書に登場する病気たち。 良性胸腺腫・胃...
阪神淡路大震災で壊滅的な被害を受けた宝塚市仁川百合野町地区。地すべり資料館で紹介されているその復興までの軌跡に思いを馳せながら、桜咲く山を登る。人知れず、それでも強く佇む小さな山、甲山。 全文:9416文字
まえがき 1章 「見た」ことの特別性 2章 見るという体感 3章 生き方 あとがき・参考資料
もはや人気があるんだかないんだかわからない話題作 『せどりっ放しジャーマン』 とうとう三巻目です。 とうとうとか言いながら多分今月中にもう何冊か出ます。 今回はテレビ取材を受けた話とか入ってますよ奥様。
結果も考慮せずに早速vol2を作成。 本書も当然ながらせどりに役立つ情報は一切記されておりません。 役には立ちませんが、せどりにまつわる腰爆砕のエピソードが満載です。 今回も皆さんの失笑を買えたなら幸いです。 第5号...
本誌は著者 横手隆のせどり、転売に関する失敗、間違いエピソードを中心にせどりについて役に立たない情報をアプローチしたコメディーエッセイであり、著者同名メルマガ『せどりっ放しジャーマン』の内容に加筆修正、書き下ろしを加えた物である。 最...

カテゴリカテゴリ

コメントコメント

  • 日記調なので私生活のリアル感が味わえて大変面白いです。この第3巻が初めてだったのですが、旧巻も読ませていただきます。1点、石川県にご在住ということなので、地元ローカルな話題も織り交ぜていただくと、遠方の読者はもっと楽しめるのではないかと感じました。
    ★★★★
  • 読んでいると何故か西村賢太が頭に浮かんできた。本人曰く谷崎みたいだけど。
    ★★★★★
  • 何故かファイルを開く事ができません。書籍化するのを待ってます。
    ★★★★★
  • 相模線は平塚~本厚木経由で建設すべきだった。相鉄いずみ野線は平成以前に延伸すべきだった。これに尽きる!
    ★★★★★
  • 主人公の青年が、父の死の真相を突き止めて行く過程で、時代背景が絡み、人が絡み合い、ストーリーの深みにはまぅてしまいました。たとえば居酒屋のシーンでは、昔と今の風景が浮かぶと、どこからか料理の匂いや古くなった店の壁紙の臭いが感じられるような、そんな展開がされてゆき、まさにドラマの中に入り込んで読み進められる生き生きとした作品でした。
    ★★★★★
電子書籍の表紙を3,000円で作る方法