文学 > 小説の検索結果 - 電子書籍カテゴリ検索文学 > 小説の検索結果 - 電子書籍カテゴリ検索

カテゴリ 文学 > 小説 の電子書籍が33件見つかりました

『忍者』 世界に誇る日本の文化。それが忍者。 海外でも題材にされることが多いと思います。 しかし間違った見識で解釈されることが多いと感じます。 そんな間違った知識をさらに「おバカ」にまとめてみました。 真面目な忍者物語は数多くあり...
5人の書き手が放つアンソロジー短編集、第5弾! 記念すべき5冊目のテーマは「5」。 5人の書き手による5つの「5」にまつわるお話をお届け。 〈収録作品〉 これこ  「五ツ葉のクローバー」 楢野葉  「ver.2015」 ...
5人の書き手が放つアンソロジー短編集、第4弾! 今度のテーマは「卒業」。 別れの季節にまつわる5つのお話を収録。 〈収録作品〉 笹原祥太郎「霧中スプリング」 楢野葉  「ゴーン・アウェイ」 これこ  「To cr...
5人の書き手が放つアンソロジー短編集、第3弾! 今度のテーマは「秋の味覚が出てくるお話」。 収穫(=Harvest)の秋に読んでみたい、5つのお話を収録。 <収録作品> これこ  「ひび割れざくろ」 山田宗太朗「...
なんでも数値化して物事を考える僕と、「いかれた三月ウサギ」のあだ名をつけられた変人、宇佐見弥生。 興味が沸いたらなんでもかんでも研究する、宇佐見弥生の『ウサちゃんの一人遊び』に巻き込まれた僕は……? ちょっと変わった僕と三月ウサギを描い...
ホストファミリーをやっている我が家にやって来たドイツ人カメラマン。そしてドイツ人カメラマンは問いかけます。 「日本のアニメはどうして子供が闘うの?」 日々消費されているアニメーションと、少年兵たち。そしてドイツ人カメラマンは少し...
5人の書き手が放つアンソロジー短編集、第2弾! 『バレンタイン』をテーマにした5つの掌編を収録。 甘かったり酸っぱかったりほろ苦かったり。 チョコレートのような物語りをお届けします。 <収録作品> 楢野葉  「水...
「浮気」や「家族関係」をテーマとした大人向け短編小説集です。 ネット社会における男女のコミュニケーション、出会いとその顛末を、幸不幸織り交ぜて描きました。エピローグ(小品「月曜の恋人」)付。 1.『既婚同士で話しませんか?』 早朝...
若い頃に描いた未来予想図とは正反対の暮らしを送る男。仕事と育児に翻弄されため息ばかりの日々。 ある日、ベビー用品店で赤ん坊を取り違えたのではないかと疑問を持ち始めるが、その日を境に、人生が大きく転換することに。 やがて「現実」の世界は、...
少女が目を覚ますとそこはみたことのない不思議な世界でした。 少し不器用なあなたに贈る、心にしまった“愛す”を掘りおこしに行く為のものがたり。 読み終わった時にはきっと心に届く何かがあるはずです。 全189ページ ◆目次 ...
5人の書き手が放つアンソロジー短編集! 知りたがりの変人と地味で普通な佐藤くんを描いた青春小説「三月ウサギは知っている」 古い友人との再会に向かう中、僕を包む違和感の正体は?近未来SF小説「ヴァージョンBの世界」 スカンディナヴィ...
眠らない街、新宿。多くの人間が行き交うところに集まってくる《あれ》からその街を守る“シェパード”、コウ。 何の疑問も持たず、淡々と自分の仕事をこなしていたコウの元に、ある日“ネコ”と名乗る女が現れて―― 街を人知れず守る“シェパード...
「高野麻葱短編集(二)市松人形」高野麻葱(短編集八編400字換算120枚)「※市松人形 ※おかめ ※火の饗宴 ※萩 ※執着 ※逆縁 ※敷居 ※別れ」 「市松人形」主人公と同年の人形に着物を新調し、自分の死後、人形に先祖代々続いた家を託す。...
とある運転手のタクシーに乗ると、人は時間を超える。 1000文字で書かれた掌編20作品です。 作品は以下のサイトで無料公開しています。 http://www.1000moji.com/member/1025/contents
「紅先笄」(くれないさっこう)高野麻葱(現代・短編小説400字換算60枚)   還暦を過ぎた五人の同級生が久しぶりの食事会を開く。三人は既婚者で二人は独身、お互い生活環境は違うが一応生活は安定している。しかし、ひとりひとりが抱えている問題...
短編小説集(一)「満月」高野麻葱(短編3部作「満月」「見知らぬ女」「雪」400字換算100枚)華やかな花街の一隅にも光の当たらない女の一生がある。 ※「満月」戦争さえなかったら歩むべき道も変わったひとりの女が、自分の人生を埋めた花街の一隅...
「湖底の墓」高野麻葱(現代・短編小説400字換算50枚) 驟雨さえなかったら出会うことがなかった男女。二人が交際して行く中で男は女の借財のため多額の借金を背負ってしまう。借財の返済のめどが立たず、坊ちゃん育ちの男は、その苦悩に耐えきれず旅...
  「当惑せる場所」 高野麻葱(現代・短篇七十枚)  クレーの「当惑せる場所」その絵を見た時期、作者自身当惑せる事件に遭遇していた。「当惑せる場所」と題した絵には中央に何かを探索しているような人間が描かれている。何ものかに脅え、何処かに逃...
【本文は英語です】 海辺の町で暮らしている少年。 早生まれがコンプレックスで、スポーツが苦手。 でも、家族の愛情に包まれて育っていた。 そんな少年を襲った不幸、大震災と津波。 絶望の中から、引っ越した先での新たな出会い。 ...
海辺の町で暮らしている少年。 早生まれがコンプレックスで、スポーツが苦手。 でも、家族の愛情に包まれて育っていた。 そんな少年を襲った不幸、大震災と津波。 絶望の中から、引っ越した先での新たな出会い。 スポーツを通してた...
独学でも勉強は出来る、ユウの言葉に母親は夢みたいなことを言うなと一笑する。進路に悩むユウを支えたのは同級生のリョウ、心と体にハンデを持つ親友二人が支え合って生きた束の間の青春。ユウはリョウの助けで上京する。念願の音楽の道でユウは生きる。 ...
「螺旋階段」高野麻葱著(現代・短編400字換算70枚 )パリの古いアパートを訪れた作者は、そこにある螺旋階段を登りながら、この階段を上下している異国の人の生活をふと思っていた。裕福な人が住むアパートではない。閉ざされたドアの向こうの生活など...
1000文字で書かれた超短編小説を5本収録しています。 手軽にサクッと読めます。 ジャンルは一応、純文学になりますが、本編はちょっとミステリーっぽい感じです。 目次 1.タイムマシーンタクシー 2.タイムマシーンタクシー ...
江ノ島の海岸で出会った好美とテルミ。ふたりの女性に関わりながら、複雑な人間の心に翻弄される彰夫。自分に何ができるかではなく、自分にとって何が大切なのか…やがて、ふたりの女性の海溝のように深遠な心の奥底に、唯一無二なものがあることを発見してい...
ついに追い詰められた佑介。眉間に拳銃を当てられながらも、彼がとった起死回生の逆転方法とは…。堂々の完結編
マシンガンと麻薬の袋を手にしたチンピラの佑介と健二。ふたりは、やくざ相手に大勝負を打つ。やくざと警察の両方に追われながらの逃走劇の末、銀行に飛び込んだ。そこに居合わせた様々な人々を巻き込んで、彼らの人生を変えていく。佑介が飛んだ日に、見送っ...
高校生だった稲葉と島原は、同じチームで甲子園を夢見るバッテリーであった。高校2年の夏、校舎の近くの河川敷グランドでピッチング練習中に、二人の間に落雷があった。二人は同時に気を失い、そして同じ夢を見た。神が二人の前に出現し、稲葉には絶対に打た...
1000文字で書かれた超短編小説を3本収録しています。 手軽にサクッと読めます。 ジャンルは一応、純文学になります。 目次 1.海の音 2.残光 3.棺 本作を含め、他にも千文字小説で作品を無料公開しています。 ...
「日本で最初のモダンボーイ」とよばれた小説家・北林透馬の、幻となっていたデビュー作(昭和5年)を完全復刻。  スキャンダラスな実在の事件や人物を巧みに交えながら、頂点を極めたモダン都市文化が万華鏡のように展開します。横浜、銀座、軽井沢と舞...
1000文字で書かれた超短編小説を3本収録しています。 手軽にサクッと読めます。 ジャンルは一応、純文学になります。 目次 1.回想列車 2.紫煙 3.訪問者 本作を含め、他にも千文字小説で作品を無料公開しています...
大学生の「俺」は、ある日公園で一人の女子高生に水をかけられた。謝る彼女に連れられて向かった先は――
1000文字で書かれた超短編小説を3本収録しています。 手軽にサクッと読めます。 ジャンルは一応、純文学になります。 目次 1.世界の果て 2.珈琲2杯 3.残り香 本作を含め、他にも千文字小説で作品を無料公開して...
【あらすじ】 奇妙な語り手による前衛小説。 【データの内容】 『虚構ヒズミラクル』のEPUBファイル 【読むのに必要なもの】 iPhoneやiPadに付属している『iBooks』で読める。そのほかにもAndroidスマート...

カテゴリカテゴリ

コメントコメント

  • 日記調なので私生活のリアル感が味わえて大変面白いです。この第3巻が初めてだったのですが、旧巻も読ませていただきます。1点、石川県にご在住ということなので、地元ローカルな話題も織り交ぜていただくと、遠方の読者はもっと楽しめるのではないかと感じました。
    ★★★★
  • 読んでいると何故か西村賢太が頭に浮かんできた。本人曰く谷崎みたいだけど。
    ★★★★★
  • 何故かファイルを開く事ができません。書籍化するのを待ってます。
    ★★★★★
  • 相模線は平塚~本厚木経由で建設すべきだった。相鉄いずみ野線は平成以前に延伸すべきだった。これに尽きる!
    ★★★★★
  • 主人公の青年が、父の死の真相を突き止めて行く過程で、時代背景が絡み、人が絡み合い、ストーリーの深みにはまぅてしまいました。たとえば居酒屋のシーンでは、昔と今の風景が浮かぶと、どこからか料理の匂いや古くなった店の壁紙の臭いが感じられるような、そんな展開がされてゆき、まさにドラマの中に入り込んで読み進められる生き生きとした作品でした。
    ★★★★★
電子書籍の表紙を3,000円で作る方法